勉強道具

将来に役立つ英会話を習いたいならココに決まり

日本語教育の専門家になる

メンズ

学ぶ内容は範囲が広い

日本語教育能力検定とは、日本語の教育を行うにあたって、必要な知識を身につけているかを検定する試験です。日本語教育の歴史や実施の方法、異文化コミュニケーションや日本語の構造など幅広く学ぶ必要があり、難易度の高い検定試験です。日本語教育能力検定に合格しないと日本語教師として働けないということではありませんが、求人では応募の必要条件として資格取得者であることが書かれていることも多く、持っていると優遇されることもあるでしょう。日本語教育能力を学ぶには、テキストを購入して独学もできますが、通信講座や養成講座を実施しているスクールに通って、資格取得を目指すケースが多いようです。スクールは、平日だけではなく土日で通えるところもあるので、自分に合う学び方を選ぶといいでしょう。

日本語教師としての活躍

日本語教師として、日本語を教える対象は学生と社会人の両方があります。学生であれば就学生を対象とした日本語学校や、大学や短大の留学生に対して日本語を教えます。社会人に対しては、企業に出向いて日本語研修を行ったり、プライベートレッスンとして指導するケースもあります。仕事の見つけ方は、日本語教師の求人情報が充実しているWebサイトや、日本語教育能力検定のスクールでの就職サポートで見つかることもあります。日本語教育能力検定の資格は独学や通信講座でも学べますが、求人の採用条件で「養成講座420時間修了」ということが書かれていることがあります。スクールに通うことで、知識だけではなく実際の教え方を学んでいるという強みをアピールすることができます。